スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

翻訳/Kiva Newsletter OCTOBER 2008

***

Kiva からのメールを日本語に翻訳しました。
10月になり、誕生3周年を迎えたKivaから、どんなニュースレターが届いているのでしょうか?

***

Kiva Newsletter OCTOBER 2008
Kiva ニュースレター 10月 2008年

Hi 〇〇〇,
〇〇〇さんこんにちは、

It's our 3rd birthday, and we've come a long way! Thanks to the help of Frontline viewers, we raised $1 million in our first year. By Year 2, we reached $10 million (thanks Oprah viewers!). By our 3rd birthday, we've passed $40 million and supported over 90,000 entrepreneurs. What can you get Kiva for our birthday? $1.5 million! Read on.
わたしたちは設立3周年の誕生日を迎えました、長い道のりを歩んできました!
frontline viewersの手助けのおかげで、わたしたちは最初の1年目で100万ドルを集めました。
2年までに、その額は1000万ドルに達しました(Oprah viewersのみなさんありがとう!)。
3周年までに、4000万円を超え、90000人の起業家をサポートしました。
あなたは、わたしたちの誕生日として、Kivaに何をつかませることができますか?
150万ドルです!
詳細は続けて読んでください。

Want to give Kiva $1.5M?
On our birthday, we are asking you to help us get our biggest grant ever by voting for Kiva in the AMEX Members Project competition. Thanks to everyone who voted for our project so far, Kiva has made the Final Five and is guaranteed a minimum award of $100,000. We're now in the home stretch with a one in five chance to win the $1.5 million first prize and we need your help to win!
わたしたちの誕生日に、わたしはあなたにアメリカンエキスプレスメンバーのプロジェクトコンペに投票することで、わたしたちの過去最大の賞金を獲得する手助けをしてくれるようお願いします。
今まで投票してくれた人たちのおかげで、Kivaは最終5組に入り、最小でも10万ドルを獲得することになりました。5組中1組に与えられる一等賞金150万ドルを獲得するというチャンスに向かって、最終段階に入りました。
勝つためには、あなたの助けが必要です!


If you've already voted for our project, you helped us get here. But now all votes are reset to zero and we need you to vote one last time. This is the one that counts!
If you're an American Express Cardmember vote for Kiva's project Loans that Change Lives here
Not a cardmember? Tell your friends to vote
$1.5 million will help us reach 60,000 entrepreneurs in need of loans. Our entry is called "Loans that change lives" and final round voting ends October 13th.
This is the single biggest thing you could do to help Kiva this year and it's the best birthday present we could ever ask for!
あなたがすでにわたしたちのプロジェクトに投票してくれたなら、あなたはわたしたちをここまで引き上げてくれました。しかし今、すべての投票者はゼロにリセットされました。最後にもう一回投票をしてください。その1票こそが、勝利へ導くのです!

あなたがアメリカンエキスプレスのカードメンバーなら、今ここでKivaのプロジェクトーLoans that Change Lives-に投票してください。
カードメンバーじゃないって?
それなら、友達に投票してくれるよう話してみてください。
150万ドルを得ることで、60,000人の貸付希望の起業家に支援をすることができるでしょう。
わたしたちのエントリーは。”Loans that change lives”で、最終投票は10月13日に終わります。
これは、あなたが今年Kivaを助けることができるたったひとつでかつ最大のもので、
わたしたちが今まで願ったなかで、最高のバースディプレゼントになるでしょう!


Yenku Sesay: From Survival to Success

(Nick Sabin is the first Kiva Fellow to work in Sierra Leone. The following is a shortened version of his article published in The Huffington Post.)
(Nick Sabinは、シエラレオネで働く最初のKiva Fellowです。
以下は、The Huffington Postに掲載された彼の記事の短いバージョンのものです。)

Yenku Sesay very nearly didn't survive May 6, 1998. On that day a rebel army, led by the Revolutionary United Front (RUF), invaded his village of Kondembaya in northern Sierra Leone, and cut off the hands of many of the villagers, including his own.
Many of the victims did not survive this horrific act, but Yenku's father used the family savings to hire a motorbike to take Yenku for treatment in a hospital hours away in the country's capital city, Freetown.

Yenku Sesayは1998年5月6日まで、ほとんど生きていないような状態でした。その日反乱軍(革命統一戦線を旗頭に)、シエラリオネの北に位置する彼のKondembaya村を侵略し、彼の村を含んでたくさんの村々の
被害者の多くは、この恐ろしい凶行の中生き残らなかった。しかし、Yenkuの父は家計の貯蓄を使ってモーターバイクを借り、Yenkuに治療を受けさせるために何時間も離れた病院に連れて行きました。そこは国の首都の、Freetownでした。


Though Yenku eventually recovered from the physical wounds, his life was destroyed. He was incapable of taking care of himself and eventually resorted to begging in the streets of Sierra Leone. At about 21 years old, Yenku's daily life had been reduced to asking for handouts, with little hope of change, little chance for something better.

Yenkuは最終的に身体的な傷から回復したにも関わらず、彼の人生は破滅していました。
彼は自分自身を顧みることができず、シエラリオネの路上にいきつきました。
約21歳の時、Yenkuの日常生活は施しを願う日々ですりへっていきました。
ほんの少しの変化という希望を抱きながら。よりよいものへのほんの少しのチャンスとともに。


Yenku would still be begging today, had he not been approached by Salone Microfinance Trust (SMT), in 2006, about taking out a group loan with four other local borrowers. No other institutions were even willing to consider Yenku for credit because of his amputee status. However, through lengthy discussions with Yenku, SMT saw in Yenku natural business skills and a drive to be self-reliant. He was approved for 300,000 Leones from SMT, the equivalent of approximately $100 USD.

Yenkuが、Salone Microfinance Trust(SMT)に行きつかなければ、2006年、4人の他の地元の借主とともに、グループローンを組まなければ、彼はもしかしたら今日もこじきのままだったかもしれません。
他のどの機関も、Yenkuに融資なんてしようともしませんでした。なぜなら彼は(肢)切断者だったからです。しかし、長期にわたるYenkuとの議論を通して、SMTはYenkuに自然なビジネススキルと、自立する意欲を見出しました。
彼は、300,000レオーネ(約100USドルと同等)を承認されました。


Yenku used this money to develop a modest retail business. At first the business was no more than Yenku selling small items in the street, such as packaged biscuits, soaps, and other sundries. Over the past two years, by reinvesting the profits and building his credit with SMT, Yenku's business has grown to become a small shop selling an assortment of clothing, shoes, drinks, and other packaged food products.

Yenkuはこのお金を現代的なリテールビジネスにあてました。はじめは、Yenkuが路上で細かいもの(袋入りビスケット、石鹸やそのほかの雑貨のようなもの)を売っているだけでした。
過去2年の間に、利益を再投資し、SMTと彼の融資をつくることで、Yenkuのビジネスは小さい店をだすまでに成長しました。その店では、衣類や靴や飲み物一式、そして他にも袋詰めされた食べ物を売っています。


Yenku dedicated himself to his business, and every month he made his repayments on time and often early. With the profits from his retail business, Yenku has recently expanded into livestock and agriculture. The result is that Yenku is now self-reliant. Instead of being a burden to his family or the community, Yenku has become a provider. He is able to support his family. He can feed and clothe his three children. He sends both of his school-age children to primary school, and he even pays for his younger brother's education.

Yenkuはビジネスに打ちこみ、毎月ちょうどに、時には早く、返済をしました。
彼のリテールビジネスの収益で、Yenkuは最近家畜や農業にも手を広げました。
その結果、今Yenkuは自立しています。家族やコミュニティーの負担となる代わりに、Yenkuは稼ぎ手となったのです。
彼は彼の学齢期の子どもたち両方を小学校へ送り、さらにかれの弟の教育費さえも払っているのです。


I see the sense of pride in Yenku's smile. From raising a family, to relearning everyday tasks as a double amputee, Yenku is rebuilding his life. And the most critical tool for Yenku has been the microloan that SMT offered him in 2006. (Continue reading at Huffington Post)

わたしは、Yenkuの笑顔に自尊という感じを受けます。
家族を養い、二肢切断者として毎日のやることを学びなおすことで、彼は彼の人生をたてなおしたのです。
そして、Yenkuにとって最も重要なツールは、SMTが2006年に彼に申し出た、microloan(小口融資)でした。

KF6: Coming to an MFI near you
Question: What has 60 legs, speaks 7 languages, lives in 25 countries, and graduated on Friday 9/19?

問い:60本の足を持ち、7ヶ国語をしゃべり、25カ国に住んでいる、そして、9月19日の金曜日に卒業したものはなんでしょう?


Answer: KF6!!

答え:KF6です!!


Our 6th class of Kiva Fellows completed their weeklong training on 9/19 and have already begun deploying around the world to work with Kiva's Field Partners.

わたしたちの6番目のkiva fellow(Kivaの同僚、研究員)のクラス は、9月19日に1週間にわたる研修を終え、Kivaのフィールドパートナーと働く為に、世界中に派遣されました。

KF6 is taking the program to new heights, including: the first Kiva Fellows in South Sudan, Honduras, Benin and Ukraine, the first ever video journaling Kiva Fellow, the first Kiva Fellow from Japan, the most year-long fellows in one class (6!), and more journalists, world travelers, and financial professionals than we?ve ever hosted at one time. Congratulations to all KF6ers who made it through a long week, absorbed a lot of information and energized the entire Kiva HQ with their enthusiasm and dedication.


KF6は新たな高みにのぼるプログラムを実行しています。その高みとは、
はじめて南スーダン、ホンデュラス共和国、ベナン共和国そしてウクライナにKiva Fellow派遣
はじめてのKiva Fellowからのビデオ報道
はじめての日本からのKiva Fellow
最も多い1クラス中のKiva Fellow人数(6人!)
そしてさらに、今まで一度に迎えたことのある数よりも多くのジャーナリスト、世界旅行者、金融のプロフェッショナルたち。
KF6(Kiva Fellowの6期生)全員、おめでとう!1週間を通して、たくさんの情報を吸収し、すべてのKiva本部員に彼らの熱意と献身で活力をあたえてくれました。

If you'd like to be a have a once-in-a-lifetime experience living in the developing world, working with a microfinance institution(MFI) in the field and actually helping to alleviate poverty through access to capital, apply here today! (But don't take our word for it -- listen to Ankush, who's on his way to South Sudan!)
Photo courtesy of Lori A. Cheung, thePortraitPhotographer.com

もしあなたが人生で一度だけ、途上国に住むという経験をしてみたいのなら、現場のマイクロファイナンス(小口融資)団体と働いてみたいなら、そして資産を通じて貧困をやわらげる手助けをしたいなら、
今日ここに申し込んでください!
(でもわたしたちの言葉を使わないでくださいねー南スーダンに行く途中のAnkushの声を聞いてみましょう!)
Portrait Photographer.com のLori A. Cheungには、熱くお礼を申し上げます。


Ernst & Young Announces Kiva Partnership
Ernst&YoungがKivaパートナーシップを表明しました。


Ernst & Young announced their commitment with Kiva, Increasing Transparency in Micro-Loans, at the Clinton Global Initiative, New York in September. This partnership will include procedures such as checking borrower identity, the loan amount and term of the loan, and the amount of the investment. To learn more, click here.

Ernst&YoungはKivaへの参加を公表しました。ニューヨークで9月に開催されたクリントン・グローバル・イニシアティブで、小口融資の透明性を向上。 このパートナーシップは借主の身元確認、貸付総額、使い道、そして投資総額のチェックといった作業を含みます。
もっと知りたい人は、こちらをクリック。


Kiva | @ 2008. All rights reserved. | San Francisco | CA | 94110

Translateed by Kiva Japan Project
「あなたの融資が、暮らしを変える。」
http://kivajapan.web.fc2.com
Kivaのビジネスに共感するKiva Japan Project メンバーによる日本語サイトです。
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

KivaJapanProject

Author:KivaJapanProject
Kiva Japan Projectのブログページへようこそ!
このページでは

・世界のレポート
・Kivaからのメールの翻訳
・その他Projectメンバーからのレポート

を中心にお届けします。

Kivaについて詳しくは
Kiva Japan Project HP
http://kivajapan.web.fc2.com
をご覧ください。

カテゴリ
最新記事
検索フォーム
月別アーカイブ
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。