スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世界のレポート~バングラ編~

皆さん、お久しぶりです。

久しぶりの更新になってしまったKJPメンバーによる世界のレポートですが、今回はバングラデシュ編をお送りします!

バングラといえば、、、洪水?サイクロン?カレー? いやいや、やっぱりマイクロファイナンス、ソーシャルビジネスの本場!というのはこじつけでしょうか。

今回、私はグラミン、BRACというバングラデシュの社会を担う両組織にお邪魔して、マイクロファイナンス(以下MF)、ソーシャルビジネスの現場を見させてもらいました。

MFに関してはグラミンで農村、BRACでスラムでの活動を見てきました。

まずはグラミン。グラミン銀行では、通常の融資の他に物乞いへ無利子の融資を提供している他、教育や住宅ローンも提供しています。また、保険や貯蓄に力を入れ、融資を受けている人のほとんどが保険に入り、貯蓄もしています。この預金が現在のグラミン銀行、そしてグラミンの新しいソーシャルビジネスを支えているとのことでした。
feb2009+083_convert_20090227010433_20090304114606.jpg
センターミーティング


また、グラミン銀行は毎週各コミュニティでセンターミーティング(上の写真)というものを開き、借り手はそこでローンの返済し、さらに金融サービスについての疑問、村の医療や教育のことなども話し合われます。議論は活発に行われ単に融資にとどまらず、このセンターミーティングが村にとって重要な場であることを実感しました。

それはBRACでも同じで、BRACが支援するスラムでもMFを通じて、借り手が集まる場を設け、医療や教育の課題を話合う環境が整っていました。スラムに住んでいても、明確な目的と計画をもって融資を受けている、という印象を受けました。
feb2009+095_convert_20090304114020.jpg
(融資を受け、家畜ビジネスを始めた元物乞いの女性。物乞いをやめるまでに2年半かかったそうです。)

実際に融資の現場を見て感じたのは、グラミン、BRAC共にサービスが単なるMFの域を大きく超えているということです。融資を通して村のコミュニティの発展、女性の地位向上、教育、保険医療の充実という幅広い範囲を担っていました。

特に、貧困層と定義される借り手の女性たち自身の成長に大きな役割を果たしているように感じました。融資によって得た所得の使い道の優先順を聞くと、決まって「子どもの教育」と口を揃えて答える姿が印象的でした。

他国で、マイクロファイナンスの現場に訪れたことがあるのですが、単なる融資にとどまらず、他の開発課題にも対応しているという点は大きく異なっているように思います。バングラでマイクロファイナンスが成熟した結果、なのかもしれません。


MF以外にも、グラミン、BRACでいくつかのソーシャルビジネス事業を見学させてもらいました。医療、栄養食品、通信などなど。。。その中で印象に残ったのが、BRAC NETというインターネット事業を行う企業です。BRAC NETには、日本企業も出資し、日本でも少しずつ注目されています。インターネットのプロバイダの事業が主ですが、ソーシャルビジネスとして地方、農村にインターネットサービスを普及させるe-hutという試みが注目されています。
e-hut部門の方によると、地方にサービスを普及することで農村で遠隔医療、遠隔教育が受けられるようになったり、例えばMFにかかる作業を電子化し手間とコストを省くことも可能になるそうです。IT×開発で何か新しいものが生まれるかも、、、、。BRAC NETに今後も注目です!

さてさて、様々な現場を見させていただく中で、何かKivaに応用できるモノは!?と考えていたのですが、グラミン、BRACから学ぶことは多そうです。特にMFプラス@で何ができるのか、MFを単なる小口融資で終わらせず、借り手のニーズに合ったサービスを付随させることが大切だと思います。
feb2009+183_convert_20090304115409.jpg
feb2009+106_convert_20090304115256.jpg
(スラムの暮らし=写真上、農村の子ども達=写真下)

余談ですが、バングラ滞在の最後にグラミン銀行総裁のユヌスさんにKivaについての意見を聞くことができました。Kivaについてかなり知っていらっしゃるご様子で、以下のようなことを言われました。
要約ですが、、、
「Kivaは君のように若い人たちがやっているね。おもしろい、意味のある活動だと思うよ。ただ、これからはもっと現場を見なくちゃいけない。Kivaは先進国で活動していて、実際にフィールドで事業はやってないでしょ?Kivaはフィールドで何か始めるべきだね。でないと現場をうまくコントロールできない場合が出てくるかもしれないよ。Kivaは魅力的な事業だから、沢山の人が熱狂しているね。でもマスコミの熱狂に乗っかってはダメ。現場で本当に何が求められているか、考えて着実に進んでいったほうがいいと思うよ。」

今回、MFの本場を訪れて、「もっと現場を知らないと!」と、思っていたところだったので、非常に印象に残る言葉でした。国際協力では、先進国の私たちが期待する何か、と途上国の人々に本当に必要なものの間に溝ができてしまうことが少なくないと思います。Kivaをはじめ先進国で生まれている社会的なビジネスが善意の押し売りにならないように気を付けないと。Kivaを応援する私たちもその点は気をつけていきたい、と気持ちを新たにしたのでした。

というわけで長々と読んで下さった方、ありがとうございました。
次回レポートにもご期待下さい!

Reported by Kiva Japan Project
「あなたの融資が、暮らしを変える。」
URL: http://kivajapan.web.fc2.com
blog: http://kivajapan.blog7.fc2.com
Kivaのビジネスに共感するKiva Japan Project メンバーによる日本語サイトです。

Kiva URL: http://kiva.org (English)
スポンサーサイト

世界のレポート/メキシコの子ども達

世界のレポート、カンボジアとフィリピンに引き続き第3弾!

***
Kivaの融資先である途上国で、起業家達、おとなたちそして子ども達は
どんな生活を送っているのでしょう?
今回はメキシコに学校づくりに行った女性からのレポートです。
Kivaとは別の団体の活動ですが、共通する想いをとても感じることができます。
***

NPOやNGO、国際機関、またKivaのような社会起業など、
いろいろな団体がいろいろな形で国際協力をしています。

今回、私が参加したのは、アメリカの教会の活動。アメリカでは、教会の関係者や教会へ通う人たちが海外へ行って社会貢献活動を行うことがよくあるようです。

________________________________________________________


アメリカはテキサスから、車は長い草原を走ります。
検問を越えて橋を渡ると、そこはメキシコです。アメリカとは全く違った町並みが広がります。

メキシコの道路


アメリカとメキシコの国境付近にある街、ピエドラスネグラス。
聞くと、スペイン語で「黒い石」という意味だそう。

2008年の春に、学校と教会作り(メキシコでは9割の人がカトリック)のお手伝い、
それから現地の子どもたちとの交流をするために訪れたところです。

私たちが行った周辺地域は、まだまだ舗装もしていないような道が多く、未開発といった感じです。

炎天下の中の力仕事もなかなか骨がありましたが、
やはり一番印象深かったのは子どもたちとの交流です。

例えば、最終日にはTシャツのタイダイ染めをやりました。

ワークサイトのすぐ近くには民家があり、近所から続々と子どもたちがやってきます。
片言のスペイン語で名前を聞いたりしてると、そのうちの一人が私を見た瞬間
「日本人でしょ?」て言ってきたのには驚きました。

また、いたずらっこな感じの男の子が一人いたのですが、
その子のお気に入りのネタが

「かめはめ‥‥」

って言って手を腰にもっていって‥‥

「波!!!」ってするのかと思いきや、「ぷうっ」って言っておならのまねするんです。笑

こんなところで日本のアニメがアレンジされてネタにされてるのか~と感心した瞬間でした。

日本の文化ってけっこう浸透しているんだと思います。



私はスペイン語を二年ほど勉強していたんですが、会話には一苦労。

でも、言葉なんていりません。

一緒に走るだけ。

こっちが早く走ったら負けずに走ってついてきます。
今度はこっちこっちってジェスチャーをして、子どもたちはワークサイトのでこぼこ道をはいあがって行きます。

がけを登る子どもたち


楽しそうな子どもたちとは裏腹に、私はこの子たちが足をすべらせて落ちたりしないか心配で心配で、
後ろからひやひやしていたものでした。

上まで登ると、作りかけの公園を嬉しそうに指さして、また、ダッシュ!!!!

今度はすごい勢いで坂を降りて行きます!本当に子どもの元気さには驚かされますね。

途上国に行ったことのある人がよく口にしている事が、
子どもに限らず、現地の人たちの元気のよさや力強さですよね。

子どもたち
メンバーたち


メキシコでは貧困は最も深刻な問題です。

メキシコ政府は貧困の克服に向けて政策を掲げていますが、経済発展の反面で、農村部と都市部の経済格差は非常に大きくなっています。

私たちの滞在期間は今回たったの3、4日で、
その後にまた違う教会の人たちが来て、続きをやる、
という風にたすきをつないでいく感じで一つの建物を作っていきます。

一つの団体では難しい事でも、連携すれば実現可能!
この学校や教会で子供たちが学び、夢を持って、いつかはばたいてくれたら、と心から思います。



P.S. メキシコ料理は辛いです!!!!
メキシコ料理



Reported by Kiva Japan Project
「あなたの融資が、暮らしを変える。」
URL: http://kivajapan.web.fc2.com
blog: http://kivajapan.blog7.fc2.com
Kivaのビジネスに共感するKiva Japan Project メンバーによる日本語サイトです。

Kiva URL: http://kiva.org (English)

theme : 暮らし・生活
genre : ライフ

世界のレポート/フィリピンとハロハロ

***

Kivaの融資先である途上国で、起業家達、おとなたちそして子ども達は
どんな生活を送っているのでしょう?
今回はフィリピンからのレポートです。

***

Philippine_child
Philippine_school



「フィリピンと言う国は日本人にとってどのようなイメージですか?」


こんなことを大学生にインタビューをしていた私は逆に質問された。


私は以前二ヶ月間ほどフィリピンのマニラでボランティアをしつつ、
貧富の差を主題にしたドキュメンタリー映画を製作するためにマニラのあらゆる場所を散策した。

Philippine_road


上記の質問はその時にされたものだった。

私は言葉を選びながら

「少なくとも私にとってここに来る前はフィリピンパブと汚職とずっとスペインとアメリカの植民地ぐらいしか分かりませんでした。」

すると大学生の彼は


「日本の植民地でもあったんですよ。」


と自然に一言付け加えた。


フィリピンにいると色んな出会いと「あっ!」とショックを覚える経験がそこらじゅうに転がっている。



・・・他にもこんな体験があった。


スペイン人に憎しみを、アメリカ人に親しみを込めているテレビの番組をふと夜中に見たとき
友達のフィリピン人が納得していたこととか・・・

(スペインは300年間、アメリカは60年間植民地支配を続けてきたがアメリカのみがフィリピン人の教育に力を入れたため。)

Philippine_women




それにフィリピン人はテレビが本当に大好きだ。

食事中でも暇つぶしでもいつでもどこでもテレビに噛り付いている。
特にドラマやバラエティなどはゴールデン枠である。


でも番組に出演しているフィリピン人はみんな驚くほどに肌の色が白い。
まるでアングロサクソンの人たちのように。
もちろん約9千万人いる人口の大多数は色が褐色である。

色の白いフィリピン人はスペイン人やアメリカ人の子孫の富裕層で昔も今も変わらず多くの人々から搾取をしているはずなのに・・・と心の中で思ったりする。


不平等や矛盾、それに色んなものが混ぜこぜになって
一つのフィリピンという国のアイデンティティができているのを肌でもって感じた。

余談だがフィリピンの一番のデザートはハロハロという色んなお菓子やアイスをスプーンでごちゃ混ぜにして食べるものだったりする。

ハロハロはフィリピンという国そのものを表しているのかもしれない。



Reported by Kiva Japan Project
「あなたの融資が、暮らしを変える。」
URL: http://kivajapan.web.fc2.com
blog: http://kivajapan.blog7.fc2.com
Kivaのビジネスに共感するKiva Japan Project メンバーによる日本語サイトです。

Kiva URL: http://kiva.org (English)

世界のレポート1/カンボジアとKiva

***

Kivaの融資先である途上国で、起業家達、そして子供達は
どんな生活を送っているのでしょう?
今回はカンボジアからのレポートです。

***

アンコール・ワットで有名な国、カンボジアは非常に活気のある国です。多くの観光客が訪れるようになり、日本人にも少しずつ身近な国になりつつあります。

アンコール・ワット


しかし、その一方で貧困国ならではの問題が山積になっているのも事実です。


カンボジアは1970年代に内戦を経験し、虐殺によって知識層を中心に約70万人が命を失いました。また、多くの地雷が埋められ今もなお人々の生活を脅かせています。虐殺と地雷は貧困を招き、子どもたちの可能性を妨げています。

貧困によって学校に通えないばかりか、人身売買や強制労働を強いられる子ども、ごみ山で働く子どもがまだ沢山いるのが現状です。

ごみ山で働く子ども

ごみ山で働く子ども2


子どもの問題に対して直接支援の手を差し伸べることも必要ですが、解決されるべき根本原因は貧困地域における所得の低さと失業率の高さにあると言われています。農村で生活する家族が、子どもが安心して学校に通えるだけの収入をしていないことが売春や児童労働に繋がっています。


私たちが応援しているKivaはそんな貧困層に融資することで、彼らが一家を養えるだけの収入を得たり、貧困地域の職を増したりする手助けを行っています。

直接何かを与えるのではなく、「お金を貸す」という方法は難しくもありますが、根本原因を解決するのに有効な手段です。

Invest in possibilities」、収入を増やして子どもの問題を予防する貧困層への融資はまさに子どもの可能性への投資ではないでしょうか。


reported by Kiva Japan Project
「あなたの融資が、暮らしを変える。」
http://kivajapan.web.fc2.com
Kivaのビジネスに共感するKiva Japan Project メンバーによる日本語サイトです。
プロフィール

KivaJapanProject

Author:KivaJapanProject
Kiva Japan Projectのブログページへようこそ!
このページでは

・世界のレポート
・Kivaからのメールの翻訳
・その他Projectメンバーからのレポート

を中心にお届けします。

Kivaについて詳しくは
Kiva Japan Project HP
http://kivajapan.web.fc2.com
をご覧ください。

カテゴリ
最新記事
検索フォーム
月別アーカイブ
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。